GWだからこそ、お墓参りを

GWと言えば、どこかに出掛けるのが普通の過ごし方のようになっています。
私も普段はどっかへ出掛けるのですが、今年は生計が厳しかった結果、名勝に出向く気にはなりませんでした。
ですが、せっかくの長期休養でしたから、何か通常出来ないことをしようとは思っていました。
そこで、あたしは亡くなった同級生のお墓参りに出向くことを思い立ちました。
その同級生は20代の若さで疾患に倒れてしまい、専ら亡くなった同僚でした。
しかし、20代はキャンパスライフスタイルや就活、新社会人として忙しくて、ずいぶんお墓参りをすることが出来ていませんでした。
なので、今回のGWを利用して、お墓参りに出向くことを思い立ったのです。
本当に、お墓参りに行ってみると、策することはあれこれおんなじといった感じで、お墓参りと言えるやつが満載いました。
しかし、GWに亡き人に向かってツボをあわせ、今の俺を考え直すというのも、随分嬉しいものだと思いました。
GWだからこそ、亡き人を思い出すチャンスを探ることができます。
ただ、家で寝っ転がるだけならば、お墓参りに行ってみると良いと思います。
恐らく、新鮮な気持ちでGWを明けることができるでしょう。ヒゲ女性脱毛

そうめんチャンプルーを作りたくてレシピを見ました

そうめんチャンプルーを作りたくてレシピを見ました。夏の定番料理のそうめんですが、絶対に毎年夏の終わりになると余ってしまいます。そこで何かそうめんレシピがないかインターネットで検索していたらそうめんチャンプルーが出てきました。沖縄のチャンプルー料理でも有名ですよね。ちょうどいいなと思いレシピを参考にしました。具材は余っている食材を使いました。ハム、玉ねぎ、ピーマンとナポリタンでも使えそうな具材です。そしてそうめんはどうしても茹でて炒めるとべちゃっとしてしまうのでどうすればいいのか悩んでいましたがなんと沖縄のチャンプルーはそうめんは茹で時間が一分程であげてしまうそうです。レシピにもそう書いてありました。固いくらいであげておいてあとは炒める余熱で火がしっかり通るらしいです。そのレシピ通りに調理したら確かにべちゃっとならずにおいしくそうめんを炒めることが出来ました。これは他の麺類でも応用できることで、茹でて炒める場合は短いと思うくらいに茹であげて炒めるのがベストのようです。

お酒を飲んだ次の日のつらすぎる二日酔い、なんとかして欲しい

二日酔いというのは、本当につらい。
その辛さというのは、平日5日間耐えて働いて、やっときたせっかくの休日が丸一日吹き飛んでしまうくらいの威力があります。
私はお酒にあまり強くないですし、過去に何度もそういう経験をしているので、極力お酒は飲まないようにしています。
でも、その場の雰囲気に押されてしまい、ついつい飲みすぎてしまうということもないわけではありません。
この前の週末も、金曜日に飲んだお酒のおかげで、土曜日の午前中はあっけなくリカバリーに消費してしまいました。
どんなに繰り返しても二日酔いの反省は生かされず、クックと縛られるような頭の痛みに悩まされる人が、世界にはどれほどいるのでしょうか。
二日酔いになるにも関わらずお酒を飲んでしまうというのは、人間社会の由々しき問題なのではないかとさえ思ってしまいます。
過ぎてしまえばなんともないのですが、あの頭の痛みと体のだるさというのは、なんとかならないものでしょうか。
それさえなければお酒はコミュニケーションを円滑にして、場を和ませるよい飲み物になれると思うのですが…。