困ったときに笑ってしまうクセの善し悪しについて

私も決してそうではないとは言い切れませんが、困ったときに笑ってしまうクセがある人をときどき見かけます。

笑ってごまかそうとかそういうつもりではないというのはわかるし、うやむやにしようとか、そう考えているわけでもないでしょう。

そういうときに笑ってしまうのは、無意識かもしれませんが、気まずい雰囲気を和らげようとしたり、あまりシリアスに考えすぎないようにするためなのかもしれません。

考えたところですぐに状況が変わるわけでもないし、よりポジティブな方向へ持って行くための気分作りという側面もありそうな気がします。

ただ、相手からすると、注意したり真面目な話をしているときに、笑われたりするのはやはり心象がよくないですよね。

ケースバイケースでしょうがが、相手や話題によってはこういうクセが仇になるようなこともあるのでしょう。

私が気になるのは、いまの上司が、まさに困ったときに笑ってしまうタイプの人だからなんですよね。

同じ部署内ではそれほど気になりませんが、どうにも頼りなさげに見えてしまうので、ちょっと不安だったりします。キャッシング 初めて