プロ棋士になっても高校は進学をする事もいい事だが

中学生で何かと注目している藤井騎士ですが中学卒業してからどうなるのかと注目も集まっていたが結論が出て「高校進学」を決めたらいし。

進学先も付属高校になると言うがプロ棋士になる前から付属中学で過ごしている事もあるでそのままになると言うが決めては中学でプロ棋士になった人が高校進学をしている事で高校卒業の資格は必要だと思う。

しかし、高校は授業など卒業まで単位が必要になるで登校する必要もあるが欠席が多いと留年か退学をしなければならない事もあるが最近は単位制や通信制高校などが増えて学びやすくなってるが最近ではインターネットでの授業が出来る高校もあるのでこうした対応が大きくしている。

インターネットで対応している高校はプログラミングなどのコースもあるので学んでいる生徒もいるので就職などに繋がっている所もあるので面白いと感じている。
これも時間も取れて対局も出来るかもしれない所もあるので今ではやりたい事を出来る環境まで整えているのでいいかも知れませんが有り難いと思う。

将棋は平日の対局が多く夜中までしている所もあるのでこの様な事もあるが高校になるとこれが認められるのかどうなのかと気になる所もある。

こうした対応をするのには学校が休みの日に対局を作る必要もしなければならないと思っているかもしれないがこれもどう協会が動くのかわからない所もあるかもしれないと思うが時間が取れない時には通信制高校などに転校するしないと思われている。

しかし、将棋は集中をしている時が真剣になるので学校の授業と同じくらいになるのでこうした集中をするのも大事だと思っているが時間がどう分配するのかここからだと想うのですがどこまでやれるのか心配の面もあるかもしれないのです。https://www.mwangole.net/items/